Roller Burnishing Toolsとサーフェスの硬度への影響について知りたいことはすべて

ローラーバニシングツールとは?

ローラーの研磨は、金属表面が研磨と呼ばれる厳しいプロセスを適用することなく、完全な鏡面仕上げを可能にする。
ローラーバニシングで得られる最大の利点は、表面から金属を除去することなく仕事を行うことができることです。簡単に言えば、サーフェスを滑らかに仕上げるためにサーフェスを磨くことです。この機能により、すべての製造ユニットに必要なローラーバニシングツールが完成しました。

 RBTローラーバニシングツールアプリケーション

RBTローラーバニシングツール

ローラーバーニングツールが特定のサーフェスに与える影響

上述したように、研磨工具は表面研磨装置として作用する。その粗さを減らすことによってそうする。ローラバニシ仕上げ工具により多くの力が加えられるほど、粗さが減少し、滑らかで鏡面状の仕上げが得られる。
特定のサーフェスにローラーバニシングツールを使用することのもう1つの顕著な特徴は、耐摩耗性も改善できることです。しかしながら、表面の適用を含むいくつかの要因がこの抵抗に影響を及ぼす。耐摩耗性の向上は、材料がその輝きと価値を失うことなく、強化された期間持続することを可能にする。

研磨が研磨より優れているのはなぜですか?

表面にピークがある場合、研磨仕上げのプロセスはそれらを裂きます。この手順の欠点は、表面にいくらかの鋭い突起が生じる可能性があることである。一方、バニシングは、金属を切断しないので、そのような効果を残さない。

バーニッシュに影響を及ぼす要因

ローラーバニシングツールは、広範囲の金属を焼き付けることができます。しかし、これは、可鍛性または延性金属のバニシング加工に最適な結果を提供します。したがって、このような工具は、アルミニウム、青銅、鋼、鋳鉄、銅、ステンレス鋼および他のそのような表面を平滑にするために使用するのに理想的である。
材料の硬度は、ローラーバニシングツールの機能にも影響します。 40HRCを有する材料は、ローラーバニシ仕上げ工具によって研磨されるのに理想的であると考えられる。さらに、表面の粗さは、全体の結果に影響を及ぼす別の重要な要素です。

あなたが仕事のために選択した調度ツールのタイプは、バニシングの全体的な機能と結果に貢献するもう1つの要因です。マーケティングには様々なバーニッシュツールが用意されています。したがって、あなたが購入している間に、あなたに最大のユーティリティを提供するツールを購入できるように、事前にいくつかの調査を行うことをお勧めします。バニシ仕上げで滑らかにしたい材料とバニシングツールの耐久性は、そのような工具を購入する際に考慮する必要がある他の重要な要素です。

最後の単語

RBTマシン で提供される幅広いローラーバニシングツールをご紹介します。 PURROS Machinery Co. Ltd。多くのサーフェスに鏡面仕上げを施すことができる最も信頼性が高く、耐久性があり、予算に優しいローラーバニシングツールとして知られています。

ローラーバーニング工具メーカー、ローラーバーニングツールエクスポーター、ローラーバーニングツールサプライヤー

ローラーバーニングツールメーカー、ローラーバーニングツール輸出業者、ローラーバーニングツールサプライヤー