表面を次のレベルまで仕上げるローラーバーニング工具

ローラーバニシ仕上げは、転がり要素の使用によって達成され、金属表面がチップレス圧縮および平滑化によって仕上げられることを保証する。研削加工を必要とせずに金属部品の表面を仕上げたい場合は、 ローラー研磨工具 が不可欠です。研削のような。鏡のような光沢を得るように金属部分を仕上げるには、完全な範囲の利点を使用できるように仕上げのプロセスを理解する必要があります。 RBTローラーバニシングツールは、高度に研磨されたテーパー付きスチールローラーを使用しています。この会社の品質は、さまざまな精密製品によってさらに実証されています。

ローラーバニシングツール、RBTローラーバニシングツール、ローラーバニシングツールの利点、ローラーバニッシングガイド、ローラーバニシングツールタイプ

表面仕上げが必要な理由は、金属を機械加工した後、表面が素顔に滑らかに見えるが、粗さと呼ばれる微細な谷およびピークである。したがって、表面仕上げは、金属表面のこの粗さ平均値の低減を目標とする。金属の一部を引き裂くことにより粗さ平均を減少させる研磨仕上げとは異なり、研磨は金属部品の制御された塑性変形を利用する。これは、研磨仕上げを使用することを選択した場合のように、研磨される表面の接触面にバーニッシュが鋭い突起を生じさせないという利点がある。

スピード、したがって金属部品の加工に費やされる時間の短縮は、研削よりもバニシ仕上げのより魅力的な引き込みの1つです。これは、ローラーのバニシ仕上げがかなり高速で繰り返し可能であるため、サイクルタイムを短くしても驚異的な結果が得られるからです。ローラーバニシングツールで作業する場合の操作の大部分は、ラッピング、ホーニング、または研磨とは対照的に、長時間の操作です。バニシングはまた、拒絶および再加工の回数を減らす。他の利点には、冷間圧延プロセスの結果としての表面硬度の増加が含まれる。

取り寄せからすべての部品がバニシ仕上げで仕上げるのに適しているわけではないことを理解することは重要です。 RBTローラーバーニングガイドには、最適なローラー研磨結果を得るために考慮する必要があるいくつかの要件が記載されています。第1に、研磨される最良の材料は、可鍛性または延性金属である。しかし、ほぼすべての金属をうまく燃やすことができます。このような金属には、ブロンズ、銅、スチール、スチール合金、真ちゅう、アルミニウム、ステンレススチール、および鋳鉄を含む。

効果的に研磨される材料の硬さは、40HRCより低くなければならない。しかし、たとえ45HRCほど硬いものであっても、よく磨かれる材料があります。粗さはまた、バニシ仕上げに適した2〜3ミクロンでなければならない。別の考慮事項は、理想的な結果が達成されることを確実にする、裂傷のない材料の均一性である。

RBTバニシングツール は優れた品質のもので、鉄道、繊維、家庭などさまざまな分野で使用されています優れた表面仕上げと厳しい公差を必要とする他の多くの機器、航空機、自動車に使用されています。 RBT ではさまざまな種類のローラーバニシングツール( IDローラーバーニングツール ODローラーバーニングツールフラット・サーフェス・ローラー・バニシング・ツールテーパー・ローラー・バニシング・ツール)は、特別なタスクが特別なソリューションを必要としていると理解しています。私たちの製品は、肯定的なレビューの数で証明されているように高品質ですが、我々はまだ新しい技術を創造し、現在の製品よりもはるかに効果的な製品を作ることを目指しています。